転職サイトとハローワークの活用

転職サイトとハローワークは、一体どちらが転職活動に使いやすいでしょう。就職支援サイトとハローワークは、どちらも性質が異なり、いい部分と注意すべき部分とがありますので、使いながら把握してみるのがいいようです。インターネット上の転職サイトは、かなりたくさんあるので中からいくつか自分に向いている転職サイトをいくつか選ぶことが必要です。特定の職種に特化されていたり、ある地域の会社の情報がたくさん掲載されていたり、サイトによって特徴があります。欲しい求人情報に近い情報が掲載されているサイトに登録すると効率的です。

サイトによっては、求職側が自分のプロフィールや希望の職種を登録しておき、企業がそれを見て連絡をするスタイルもあります。実績などのアピールポイントがある人は転職がしやすくなります。規模の小さな地方の企業は、ハローワークを通じて人を採用しようというところが多いため、ここでなければ見つからない求人も存在します。地元での転職を考えているのならハローワークへの求職者登録をしてみましょう。企業によってはハローワークからの紹介者を優遇しているところもあるといいます。ハローワークの紹介により、人を雇用した場合に、国から補助金が支払われる制度もあるからです。

転職活動を支援するためのセミナーをハローワークが開催していたり、助成金を受けつつ職業訓練をする仕組みの案内もしています。就職を支援することで、景気の悪さからくる就職難を乗りきろうとしています。どんな情報が自分の転職活動を有利にしてくれるか考えながら、ハローワークや転職サイトの情報をチェックしてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ