ウコンサプリメントでお酒対策

サプリメントでお酒を摂ることによって肝臓に与える作用を緩めることができるものがあるといいます。最近よく耳するのが、肝臓の炎症をやわらげ、肝臓の機能をアップさせるといわれているウコンではないでしょうか。お酒を摂取するとアルコール分解等の過程で肝臓に負担がかかるため、ウコンのサプリメントを利用する人は少なくありません。

ウコンは中国からインドにかけて広く栽培されているショウガ科の植物で、古くから健康食品として親しまれてきました。調理するときの香辛料や、黄色い色をたくわんに付けるのにも活用されているようです。二日酔いにお酒を飲んだ次の日にならないためにウコンのサプリメントを摂取するのであれば、お酒を飲む前や飲んだ後でも効果を得られるので毎日飲む必要はないといえます。

ウコンサプリメントで錠剤や粉末型のウコンサプリメントを利用するときは、だいたいお酒を飲む1時間くらい前に摂取するのがおすすめです。さまざまな摂取の仕方があるのが粉末型のメリットで、安い値段でたくさん購入できるのが錠剤が使いやすいポイントではないでしょうか。ただし、即効性という意味では、カプセル型やドリンク型のほうがいいと言われています。

カプセル型やドリンク型のウコンサプリメントなら、お酒を飲む10~15分前がおすすめです。ウコンサプリメント中でもドリンク型のマイナス面は値段が高めのことですが、すぐに効き目が表れ、吸収率も高いといいます。またお酒を飲んでからウコンのサプリメントを摂っても良いのですが、気を付けなければならないのはたくさん摂り過ぎて肝臓に負担がかかることです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ